三井住友VISAカードの特長や口コミ 、評判を集めました

>>早速三井住友VISAカードの公式サイトへ行く<<

信頼度の高い三井住友カード

三井住友カードはクレジットカード事業で、日本ではトップクラスの支持率、安心製、信頼性を兼ねているクレジットカード会社です。特徴として米bardaysについで世界的に多きなvisaとの連携をしています。

 

日本では初めてvisaカ−ドを発行している会社です。そのため、信頼性も高い借り入れを行うことも出来ます。最大の特徴として選べるカードが充実しています。

 

18歳から25歳限定で、学生、新社会人の方はデビュープラスを選択することが出来ます。また26歳以上の方におススメできるのは定番のクラシックカードや女性専用のアミティエカードです。

 

また上質を求める方にはプレミアムカードを用意しています。種類は2種類あり、ゴールドカード、又はプライムゴールドカードがあり、クラシックカード、アミティエカードは初年度年会費が無料になります。翌年度以降条件によっては無料で利用する事が出来るようになります。

 

このときの通常の年会費は1250円になりますがポイント特典もたまり、カードの特徴としては初めてカードを持つ学生、新社会人の方に最適なデビュープラスはポイントが通常のカードの2倍になります。さらに入会後3ヶ月は5倍になり、非常にお得です。

 

クラシックカードは世界シェアナンバーワンのvisaで世界中どこでも、利用できる、頼れるサービスを搭載していますので、海外赴任や海外旅行の際に利用でき信頼できるカードです。また女性向けのナンバーワンカードはアミティエカードになります。

 

最短即日発行の三井住友VISAカード

インターネットから24時間の申し込み可能な即日融資のクレジットカード、それが三井住友銀行VISAカードです。その特徴を見ていきましょう。

 

ネットで審査から借入れまで完結できる

このカードの特徴は銀行系のカードローンなのに審査が早いとして有名ですが、初回の年会費が無料なので、ゴールドやプラチナムゴールド、三井住友カードをすでに持っている方であっても審査を行い、借り入れが可能かどうかが判断できます。審査が終了するとお金の借り入れがスタートしますが、借り入れに際してもインターネットを使って完結できますので、大変使い勝手が良いカードとなっています。

 

また、審査結果は申し込んだ本人以外にばれることなくメールで送信されますので、プライバシー保護の観点からも秘密は守られたままカードを利用することができます。

 

成人から69歳まで安定収入があれば審査を受けられる

カードの発行に関しては最短で当日中の発行をすることができます。三井住友VISAカードを利用できる方は成人から69歳までの安定収入がある方となっていますので、その範囲内の年齢の方で安定した収入をお持ちの方であれば、どなたでも審査を受けられ、カードが発行される可能性が高くなります。返済は毎月分割返済となっています。

 

在籍確認も構えなくて大丈夫

審査に必要な物は収入証明書本人確認書類です。収入証明書は現在在籍している会社の証明書を提出し、本人確認書類は運転免許証や健康保険証などが該当します。なお、三井住友VISAカードは会社への在籍確認がありますが、実際に席についている必要はありません。例えあなたが外出していても、会社の方が電話を取り、あなたが席を外していることを伝えてもらえば、そこで在籍確認は終了ということになります。本人の名前や顔写真をカードに記載しますから、自分自身で責任が持てる方が手続きを行ってください。

 

三井住友VISAカードは還元率が高くポイントがたまりやすい

ポイントの使い道

還元率が高く、ポイントがたまりやすいのが三井住友VISAカードの大きな特徴になります。国内だけでなく海外での利用も含めてポイントがつきますし、利用すればするほど、そのメリットを享受できるようになります。

 

また、もうひとつの特典として、日本国内の空港ラウンジの利用ができるようになります。こうした付帯価値を使うことでワンランク上の生活を楽しむこともできるようになります。

 

ETCカードもつけることができますから、高速道路での決済が非常に簡単になります。日常的に長距離の運転をされる方や、レジャーなどで高速道路を利用する機会の多い方には助かる機能となります。

 

カードのポイント還元率はレベルがあり、レベルに応じたボーナスポイントが翌年度に加算される仕組みになっています。

 

ボーナスポイントは50万円で50ポイントがつき、その後、10万円ごとに10ポイントたまります。さらに100万円から300万円未満の利用は50万円75ポイント、それ以降は10万円ごとに15ポイント、50万円で150ポイント、10万円ごとに30ポイントという還元率になっています。

 

高額利用をすればするほどポイントもたまりやすくなっていきますし、スピードが非常に速く、ポイントを使う機会にも多く恵まれることとなるのがこのカードのポイントシステムになっています。短期間ではなく、長い目で見ても継続して使用していけるカードとして知られています。

 

このように、三井住友VISAカードは還元率の高さが魅力ですし、付帯サービスも生活を豊かにするものばかりですので、安心して長期間使っていけるクレジットカードとして多くの方に愛されているのです。

三井住友VISAカードの入会特典

三井住友VISAカードの入会特典は新規申し込み時に6,000円分の商品券がプレゼントされる点にあります。クレジットカードの審査申し込み自体はインターネットの公式サイトから簡単に行うことができますし、その後の審査結果もメールで分かりますから、WEB上ですべてが完結すると言っても過言ではありません。

 

このカードは使っていけばいくほどポイントがたまりやすくなる仕様になっており、ETCカードや電子マネーの機能もカードに付帯させることができます。単にショッピングやキャッシングに使うだけでなく、日常生活を便利にするための機能も付帯させることができるというわけです。

 

三井住友VISAデビュープラスという、18歳から25歳までの方専用で作ることができるカードもあり、こちらも当然ながら安定した収入がある方向けなので、新社会人向けのカードと言えます。

 

最近はクレジットカードにまつわる犯罪も増え、セキュリティ面が不安だという方もいらっしゃると思いますが三井住友VISAカードでは顔写真をカードに添付できますので、オーナーが誰なのかをはっきりさせることができます。他人があなたの振りをしてカードを使おうとしても使えないということです。

 

・キャンペーン中に新規申し込みをすると、6,000円分の商品券がプレゼント

・電子マネー機能やETCカードを付帯して日常生活を便利に
・顔写真付きのカードでセキュリティも安心

三井住友VISAカードをもっと見る

>>三井住友VISAカードの公式HPへ<<

三井住友VISAカードデビュープラスのおすすめポイント

三井住友VISAカードのお申し込みはこちら

>>三井住友VISAカードの公式HPへ<<



三井住友VISAカードのHPへ



その他の人気クレジットカード

楽天カード

テレビCMでも話題のカード

  • 年会費永年無料でお得!
  • ポイントがザクザク貯まる!
  • ネットショッピングをするならこれにきまり!
JCB EITカード

エイトならではのお得な8つの魅力!

  • 年会費はずっと無料!
  • 海外旅行傷害保険が付帯!
  • スタイリッシュでおしゃれなデザイン!
ライフカード

業界最高水準のポイントプログラムに注目

  • 新規入会や誕生月にポイントが貯まる!
  • 年会費は永久無料
  • ライフスタイルに合わせて選べるラインナップ
・クレジットカードの審査が厳しい事について クレジットカードの審査が厳しい事については妥当な事だと考えます。クレジットカードの審査が厳しいというのは、使用者の社会的な信用度によるものだと考えるからです。クレジットカードは使用者が実際に持っている金額よりも使うことができるため厳正な審査によって上限を決めてもらう必要があると思います。
ブラックの人でも作れるクレジットカードはこれ!【2016年最新速報】
一定の収入がある奴で支払能力(返済能力)あるとカード会社から判断されればほとんどの審査には通るんだよ。もちろんゴールドカードやプラチナカードは別だ。これはわかるよな。その他にも以下の内容で問題なければ審査に通る。 ・安定した収入 ・返済能力 ・明確な居住場所 の3つで特に欠点が無ければ、審査に通る可能性がぐっと高まるんだ。どれか3つのうち一つでも疑わしい点があれば、カード会社は他の項目も見て申し込んだ人をスコアリングしていって信用度を数値化していくんだ。それでも信用性に疑わしい申込者はさらに細分化された項目一つ一つに点数をつけられていって、それらの合計点で審査に通るか否かを決定するんだ。
また、クレジットカードは実際に金銭の授受が目に見えて行うわけではなく、買い物ができてしまうため使用者の金銭感覚がなくうっかり使いすぎてしまうことが多くあると思います。 そのため、使いすぎてしまい払いきれなくなってしまい、分割払いにしても積み重なり払えなくなってしまう可能性もあります。タイトルでもあるようにクレジットカードの審査が厳しい事というのは、使用者が使いすぎてしまう事を抑制することにもつながると思います。また、クレジットカードで決済された支払先にも債務として迷惑がかからないようにするという意味で審査が厳しい事は妥当だと思います。

このページの先頭へ戻る