クレジットカードを申し込む際の注意点

クレジットカードの名義は、ローマ字で表記する部分がありますよね。ここで困るのが、「オウ」や「オオ」の音が入っている名前の人ではないでしょうか。サトウやサイトウを始めとし、オオタさんや、タロウさんの場合もローマ字表記で悩むと思います。
オウやオオの音をローマ字で表記する場合、「ou」と書く場合や単純に「o」で表す場合に加え、「oh」の表記にすることもあります。クレジットカードのローマ字部分はカードの申し込みの際に自分で選ぶことができるのですが、どれにするのが良いのでしょうか。
基本的には個別に自由に選ぶことが可能ですが、後々カードのローマ字表記と各種決済時などの記入に不一致が生じないよう、書き慣れた表記にしておいた方が良いと思います。
クレジットカードのローマ字表記は、一般的にはパスポートの表記と共通させることが多いです。パスポートの場合も表記方法を変えることはできますが、基本的にはヘボン式が使われます。なので、クレジットカードの表記の場合もヘボン式を取り入れ、「o」一文字で表しておくのが無難と言えます。
ただ、この表記だと何となく間抜けに感じてしまう人もいるので、きちんと記入の際などに間違えないように気を付けておけば他の表記方法でも問題ないはずです。

三井住友VISAカードをもっと見る

>>三井住友VISAカードの公式HPへ<<

三井住友VISAカードデビュープラスのおすすめポイント

三井住友VISAカードのお申し込みはこちら

>>三井住友VISAカードの公式HPへ<<



三井住友VISAカードのHPへ



その他の人気クレジットカード

楽天カード

テレビCMでも話題のカード

  • 年会費永年無料でお得!
  • ポイントがザクザク貯まる!
  • ネットショッピングをするならこれにきまり!
JCB EITカード

エイトならではのお得な8つの魅力!

  • 年会費はずっと無料!
  • 海外旅行傷害保険が付帯!
  • スタイリッシュでおしゃれなデザイン!
ライフカード

業界最高水準のポイントプログラムに注目

  • 新規入会や誕生月にポイントが貯まる!
  • 年会費は永久無料
  • ライフスタイルに合わせて選べるラインナップ
最近のクレジットカード決済対応のお店だと、暗証番号の入力なしで簡単に決済ができるようになっていることが多いです。対応のレジにクレジットカードを通して、レジから発行される伝票にサインをするだけで良いのです。電子マネーと同じような感覚で利用することができるので、精算の手間を省くにはとても便利です。ただ、これに慣れてしまっていると暗証番号が必要なお店でクレジットカードを使いたい場合に戸惑うかもしれません...

このページの先頭へ戻る